わいのっと!?

何かを始めたい人へ。海外留学・ワーホリとサーフィンについてお届けします!

会社を辞めて、ロン毛に挑戦してみた。1年目の軌跡。

はいさい!
髪を伸ばし始めて1年目のさとちです。

男なら誰しも1度はロン毛に憧れたことがありますよね?

キムタク、オダギリジョー吉井和哉浅野忠信などなど、、、。

ロン毛が似合うとワイルドでセクシーでミステリアス。
めっちゃ魅力的になります。

続きを読む

サーファーズパラダイスで、いつも脅かしてくるオージーのおっちゃんの思い出。

前回、駅で困っている外国人を助けたら仕事まで紹介してもらえた話をしました。

dailylife-in-goldencoast.hatenablog.jp


ざっくり言うと、困っている外国人を目的の電車に乗せてあげたら、その後数十分に渡っておしゃべりが盛り上がったんです。
そこで身の上話をしたら、「仕事に困ったら紹介してやるから声かけな!」って言ってもらえました。

コミュニケーションの壁が低い低い!
距離が近い近い!

ゴールドコーストにいた時のことを思い出させてくれます。

向こうに住んでいる時は道端でめっちゃ話しかけられました。

早朝に街を歩けば知らないおばちゃんから「グッドーモニング」

サーフボードを持って歩いていれば、知らんおっちゃんから「良い波のれたか?」

気軽に一声かけてきます。

今日は、そんな数々の話しかけてきたオージーの中でも、会う度に僕をからかってきたおっちゃんの話。

続きを読む

駅で困っている外国人に話しかけたら、仕事の紹介までしてもらえたよ。

皆さんは都心の電車を間違えることなく乗り換えできますか?
めちゃくちゃ難しいですよね?
僕は未だにメトロとか、どこからどこに繋がっているのかわかりません。

それは外国人にとってはなおさら。

蜘蛛の巣状の路線図に、漢字だらけです。
さらには色使いやフォーマットも、ちょっと違うので見にくいこと間違いなし。

よく見ると駅で困っている外国人をたくさん見かけます。

今回は、そんな電車で困っている外国人に話しかけたら仲良くなってフェイスブック交換し、さらに仕事に困っていたら助けてくれるって言ってもらえた話です。

続きを読む

みんな大好きバイロンベイ。いったいどんなところなの?

皆さんは「バイロン・ベイ」という地名を聞いたことがありますか?

まずはこの写真をご覧ください。

f:id:hiloc:20170719180302j:plain

綺麗な波ですね。

この海は、サーファーズパラダイスより南に約90km、車で1時間の場所に位置するバイロンベイです。

美しい波と砂浜、ゆったり落ち着いた雰囲気、ウェディングの聖地でもあるこのバイロンベイはオージー達にとっても憧れのリゾート地です。

ゴールドコーストの様なビーチフロントに住んでいても、バイロンベイに行きたくなるという魅力の街は一体どんなところでしょう。

続きを読む

「バイロンベイ・カフェ」で実際に英会話カフェしてきた感想

前回紹介した浅草にある「バイロンベイ・カフェ」に行ってきました。

こちらのカフェは、他のバイロンベイにインスパイアされたカフェとはちょっと違います。

というのも、コンセプトが「英会話カフェ」だからです。

お店の詳細はどうぞこちらで。

続きを読む