わいのっと!?

何かを始めたい人へ。海外留学・ワーホリとサーフィンについてお届けします!

古きよき街並みメルボルン <ストリートスナップ>

メルボルンへの旅行で撮影したストリートスナップです。

町の雰囲気が伝わったら嬉しいです。

f:id:hiloc:20170413172311j:plain

続きを読む

オーストラリアの第2都市「メルボルン」 コーヒーとヴィンテージが根付く都会の街。

今回はゴールドコーストからメルボルンに旅行に来ました。

メルボルンはオーストラリアの南側に位置する、オーストラリア第2の都市。
キャンベラが首都になるまでは、メルボルンが首都でした。

そのため、街はとっても発展しています。

超高級ブランドが入ったデパートや、カジュアルブランドが揃うショッピングモール。
日本でもおなじみユニクロ無印良品もあります。
高層ビルや高級ホテルもあり、電車も発達してます。

f:id:hiloc:20170413130010j:plain


都会です。
日本みたいですね。


そんなメルボルンの見所はこれ!

続きを読む

ゴールドコーストは1年中晴れてる?

f:id:hiloc:20170328185430j:plain

常夏の楽園 ゴールドコースト

誰しもそれを胸にワーホリ、留学にやってきます。

「何でゴールドコーストに来たの?」

『だって、いつも晴れてて暖かくて、綺麗なビーチもあって最高じゃん!』

こんなやりとりよく聞きます。

僕もTシャツ、ビーサンで1年過ごせるから!と思って選びました。

でも、実際はどうなのか。

続きを読む

10ドルでゴールドコースト1日乗り降り自由!Go explore cardが断然お得!

※この記事は2017年5月時点の情報を基にしています

何度乗り降りしても自由

以前にも紹介したGo card。
通学やちょっとしたトラムやバスでの移動なら、このカードが便利です。

しかし、少し遠くの観光スポットへ行くにはちょっと割高。

例えばサーフィンのメッカ、バーレーヘッズやコアラを抱っこできるカランビンワイルドサンクチュアリに行くのは10ドル〜15ドル。
どっかに立ち寄ったら、その分また増えていきますね。

交通費だけで、細かくお金を取られるのはちょっとなぁ。
なるべくご飯代とかの方に使いたい。

そんな時に役立つのがこのGo explore card。

続きを読む

語学学校行ったら話せるようになる!?実はそんな甘いもんじゃない。

語学学校に行けば話せるようになる!
そう思っていませんか?
僕はそうでした。

しかし、現実はそうそう甘くないようです。

実際は、半年いても1年いてもあまり変わらない人が多いんです。

一説によると語学留学生の90%はあまり話せないまま終わってしまうという話もあります。

理由はたくさん

続きを読む