読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わいのっと!?

悩んでるなら、ワーホリ/留学しちゃえば!? 海外生活とサーフィンについてお届けします!

海外に行く決心ができない人、マダム イン ニューヨークを見てみなよ!

そうだ。海外に行こう

そう思ってみたものの、いまいち踏ん切れない人も多いと思います。

もしくは、準備を始めたけどナーバスな人。

よかったら「マダム イン ニューヨーク」を見てみてください。

モチベーション、上がります。




これ、インド社会における女性の立ち位置や教育について描かれているっていう声もあります。
が、
僕はそこに関してはあんまり興味が出ないのです。

何よりも、ニューヨークでマダムが通う語学学校が楽しそう!!

留学してみたい。

してみたい!

してみたぁーい!!

そう思わざるをえません。


新しい環境、色んな国のクラスメート、ワイワイ進む英会話授業!!

大都市ニューヨークってことで、生徒の国籍もさまざま。
インド、フランス、スペイン、中国、メキシコ、ケニア?などなど。

入学当初はcanの使い方とかで、みんな発言しまくり、質問しまくりなんですよ。

しかも、色んなゲームを通して勉強したり。

もう本当ににぎやかで楽しそう。

会社員時代にこれを見た僕は「留学って楽しそう。。。」

まさか2年後に自分がそうなるとはつゆ知らず、漠然と憧れました。


通学の末に待ち受けるものとは!!

本当に心踊る映画なので、細かいことは言いません。

見てください。

前向きな気持ちになり、一歩踏み出してみよう!!

そう思える映画です。


留学した後は、あるあるネタの宝庫

いざ留学に踏み切った後も、この映画は違った楽しみ方ができます。

英語の壁にぶち当たり、ヘコんでる時に見るとマダムの気持ちに共感して、頑張ろうと思えたり。

日常の細かいシーンに共感してしまいます。
あ〜、あるある〜!!って。

カフェの注文とかね、スムーズにできると地味に嬉しいんですよね。

映画を見る度に、自分の留学生活を思い出すでしょう。


YouTubeの予告も貼っておくので、興味のある方は見てみてください。




映画『マダム・イン・ニューヨーク』予告編


あ、いわゆるボリウッド映画の様な、突然みんなで踊りだす、歌いだす、っていう演出はほぼありません。
好き嫌いはあると思いますが、その点でもこの映画は新しかった様ですね。

それにしても、マダムは当時50歳だった様です。

信じられないくらい美しいですね。