読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩んでるなら、ワーホリ/留学しちゃえば?

ゴールドコーストの情報やワーホリ/留学について、経験を元に公開します!

8ヶ月の留学で持って来て良かったもの31選。

何持ってこう
f:id:hiloc:20170320175859j:plain

これからワーホリ/留学に行く人にとって頭を悩ませるのが、持ち物ですね。
実際の生活がイメージできないと何を持っていったらいいか、難しいですよね。

そこで、僕が8ヶ月の海外生活で役に立ったものを公開します。
少しでも参考になれば幸いです。

必須アイテム
パスポート 有効期限が帰国まであるか確認しましょう
航空券 最近はメールで送られてくるので便利ですね
クレジットカード 万が一の時に役に立ちます
国際キャッシュカード クレジットカードよりも手数料がお得。支払いはほぼコレでした
海外旅行保険 これがないと、風邪を引いただけでも2万円とかします
持ってきてよかった 電子機器関係
MacBook Air 色んな理由がありますが、MacBook Airで良かったなと思ってます。
マクブックカバー 図書館に持ち運ぶときや、Macの下にひいたり
充電ケーブル 当然ですね。apple製品は海外でも買えるので1つで十分
USBメモリ バイトのレジュメを印刷するときや課題のレポート作成で
シムフリー携帯電話 オーストラリアだとSIMカードは200円くらいで売ってます
純正充電器 docomo機種の方などは2個あると便利です。純正が一番早く、持ちがいいのですが、こっちでは買えないので
海外用電源プラグ2個 海外でも売ってますが、到着後すぐ使うことになるので。1つじゃちょっと不便
たこ足配線1個 特に1〜1.5mのコード付きだと重宝します
電子辞書 学校で使いまくりです。授業中、紙のタイプでは時間がかかりすぎる。携帯は先生によっては禁止です
日用雑貨関係
歯ブラシ 海外のはブラシ部分が大きすぎる。
マイ箸、マイスプーン 学校のランチ用だったり、シェアハウスのが汚い時に
保冷水筒 ペットボトル飲料はいちいち買えないし、ぬるい水はまずいし。あると幸せ
たくさんかけれるハンガー シェアハウスで下着やハンドタオルを干したりする時に
洗濯バサミ20個くらい シェアハウスのじゃ足りなかったり、風で飛ばされることがあるので
洗濯ネット 海外の洗濯機はパワーが強い。こっちにもありますが、ちょっとだけ高いので
速乾タオル シャワーで、ビーチで、プールで、乾きやすいと持ち運びも便利です。
マウンテンパーカー 風が強い日、突然のストームに
筆記用具 日本製の使いやすさは抜群。勉強に集中するためにも、使い慣れたものを
メモ帳用の小さいペン 出かけたときにも、気になった英語をメモしたりするのに便利
薬関係 自分にあった胃腸薬、風邪薬などが安心ですね
その他
国際免許証 レンタカーで出かけるときに必要。30分くらいでもらえます
英語のテキスト日本語版 僕は単語帳は日本語版を使ってます。英語版よりも覚えやすい
紫外線をカットしてくれるサングラス ただ黒いだけのサングラスって、逆に目を痛めるって知ってました?
オーストラリアドル 空港で200ドルくらい用意していくと、現地に着いてから何かと便利
ダイソーの300円ナイロンバッグ 小さく折りたためるし、汚れてもいいので何かと使えます
衣類圧縮袋 飛行機で。引っ越しで。パッキングの強い味方です
持ってこなきても良かったもの
一眼レフ これは人に寄りますが、僕はインスタグラムとかで良い写真が撮れるので。
外付けHDD 旅先の写真とかを保存するのに必要とよく言われますが、僕は携帯で事足りますし、クラウドとかを使えば十分でした
ノート関係 オーストラリアは質が悪いと聞きますが、特に不便はありませんでした
髭剃り 買えます。こだわりが強い人は持っていってもいいと思いますが
歯ブラシ以外の歯磨き用具 フロスとか、舌磨きはこっちでも安く売ってました
料理用の本 心配した親に持たされたのですが、クックパッドがありますね
よく聞く持ってこなきゃよかったもの
ドライヤー 1000円くらいで買えます。こだわりがなければ現地調達
シャンプー等 オーストラリアは硬水です。日本のシャンプーを使うと逆にギシギシになるという声をよく聞きます
クロックス スリッパの代わりに持ってくる人がいますが、類似品が安く売ってます。質は悪いですが
衣類 こっちで安いのが売ってるんですよね。しかも洗濯機が激しいので、お気に入りは日本に置いてきたかった
番外編 
ジンベエ これを着るだけで、学校で注目の的。外国人と話すきっかけが簡単に作れます。正直、これを着て街中を歩いてみたかった
扇子 もちろん同じ理由です


いかがでしょうか。

持ってきてよかったものリストは僕の経験上です。
もし、いらないな〜って思えるものだったら、置いていった方が良いです。

身軽であることが、一番便利ですよ!

海外で暮らすことは、物質社会の日本から離れてミニマリズム的に自分を見つめる機会でもあります。
物に縛られず「なくても平気」な自分に出会うと少し心が楽になります。
ほら、大事なものだけ選ぶとこんな感じ。
f:id:hiloc:20170320174914j:plain
必要ならほとんどのものは向こうでも買えます。
あまり深く考えすぎず、楽しく渡航準備を進めてくださいね!