読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩んでるなら、ワーホリ/留学しちゃえば?

ゴールドコーストの情報やワーホリ/留学について、経験を元に公開します!

ワーキングホリデイ/留学してみたい!

f:id:hiloc:20170320235329j:plain

英語を話せるようになってみたくありませんか?

壮大な自然やお洒落な街並みを味わってみたくありませんか?

とにかく何か新しい経験をしてみたくありませんか?


もし、くすぶっている気持ちがある人はひとまず海外に渡ってみませんか?

海外には、日本じゃ想像できないような偉大な自然があります。

文化の差、価値観の差があります。

思いもよらない困難や出会いがあります。

どれを取っても、きっとより良い人生の一部になるはずです。

f:id:hiloc:20170320235437j:plain

仕事や学校の間にササっと!

一般的に海外に行くっていうと、まず観光ですよね。

LCC(格安航空会社)を使えば、ロンドンまで8万円。
オーストラリアまで3万円。
台湾に至っては8000円でいけちゃう時代です。

ツアー会社にお任せすれば、有名な場所に連れてってくれますし。
手軽に違う国の雰囲気を楽しめます。

真っ青な海の上、高度3000mからスカイダイビング!
とか、結構人生観変わる人も多いらしいです。
僕は怖いのでできませんが、、、

週末にグアムや韓国、台湾に行く人も珍しくないですね。

リフレッシュなら、これが一番だと思います。

あなたは、それで満足ですか?



もっと海外を満喫したい!!!

そう思った方、多いと思います。

どうせなら海外に長く住んで、外国の人たちとコミュニケーションをとって、観光名所以外の素敵な場所にたくさん行ってみましょう!


どのビザで行く?

基本的に、僕たちが海外に行くためのビザって3つくらいですよね。

① 観光ビザ
② 学生ビザ
③ ワーキングホリデイビザ


一番お手軽な①「観光ビザ」

あまり難しい手続きなく、一定の期間、海外で暮らせますね。

観光はもちろん、語学学校にも通えます。
短期留学あれば、このビザでも良いでしょう。出席率も関係ありません。
ただしバイトは禁止されてます。
期間は短め(オーストラリアは3ヶ月)ですが、とっても自由。

まずは観光ビザで下見しておくのも手ですね。


勉強に集中+ちょっとバイトもしたい人は②「学生ビザ」

学校への申し込みと、政府へ学生ビザの申請が必要です。

年齢の制限や期間の制限がありません。
つまり学校に通っている限りはその国にいられます。

ただし、出席率の最低ラインやバイト時間の上限があります。
オーストラリアは出席率80%、バイトは週20時間までです。

そこからはみ出してしまうと、強制帰国。
さらには数年間の入国禁止のペナルティになるかもしれません。

なので、しっかり「語学勉強」が目的の人。
もしくはワーホリの年齢が過ぎてしまった人向けですね。


とにかく自由!海外生活満喫や、永住権取得のためには③「ワーホリビザ」

こちらも政府へのビザ申請が必要です。

学校は4ヶ月まで、バイトは同じところは連続6ヶ月までなどの細かいルールはありますが、出席率関係なし、何時間働いてもオーケーで一番自由です。

学校行っても行かなくてもオーケー。
働いても働かなくてもオーケー。

とにかく自由です。

ただし、年齢の制限があります。
申請の時点で満30歳までです。入国は満31歳まで。

また滞在期間は1年間。
ファームで3ヶ月働けば、最大2年までいられます。

このビザは限られた年齢でしかできないことです。
迷っている方、このまませっかくのチャンスを逃してしまいますか?

ただ、移住を考えている方。
ワーホリビザの期間は一度だけです。
この期間にバイトをしながら大手会社のスポンサーを受け、「就労ビザ」を得ることが移住の主な手段になっています。

どのタイミングでチャレンジするかはよく考えましょう。

オーストラリアのワーホリ年齢制限も上がる流れにあるようですしね。


自分の目的をしっかり考えて決めよう

以上が主なビザの種類でした。

それぞれ条件や良いポイントがありますね。

まずは自分が何をやりたいのかをしっかり見据えて、ビザの無駄遣いにならないように計画を立てましょう。

ちなみに僕のオススメは学生ビザで語学学校6ヶ月→ワーホリビザに切り替え。

やはりまずは英語を最低限の仕事レベルまで持っていかないと、日本人コミュニティでのバイトしかできませんので。

ワーホリビザで4ヶ月しか学校に行けないのは、ちょっと心もとないです。
まあ、長くいても英語環境を作り上げていないと、あまり上達はできませんが。

f:id:hiloc:20170320235553j:plain

たった1度の人生。

後悔が残らないように、興味のあることは全部経験していきたいですね。

みなさんも興味があったら、ぜひ一歩飛び込んでしまってください!