読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩んでるなら、ワーホリ/留学しちゃえば?

ゴールドコーストの情報やワーホリ/留学について、経験を元に公開します!

トラムを使うならGo cardを買っておきましょう

f:id:hiloc:20170327121150j:plain

通勤やちょっとしたお出かけに便利なトラム。

ゴールドコーストの主なエリアを南北にわたって走っています。

車がない人には欠かせない交通手段でしょう。

どこを走ってるのか

ゴールドコースト大学病院駅に始まり、グリフィス大学駅や語学学校の多いサウスポート駅、繁華街のカビルアベニュー駅、最も大きなショッピングモールのあるブロードビーチサウス駅まで続きます。

その数は16駅、距離にして13kmです。

時間も7分間隔、早朝や夜でも15分間隔で動いているので便利。

また週末は24時間動いているので、夜遊び派のみなさん安心してください。帰れますよ。


いくらかかるの?

気になるのは料金ですよね。

以下にトラムの料金表をまとめます。

ゾーン go card go card(off-peak) 切符
1つ分 $3.20 $2.56 $4.60
2つ分 $3.90 $3.12 $5.70

普通に切符を買うと5ドルくらいかかります。

微妙にイタい出費。

学生には堪えます。

でも料金表を見ると、ゴーカードだと少しお得ですね。

切符を買うより、1.5ドルくらい安いです。

これはみなさん、買っておきましょう。


Go cardってなんなの?

要はスイカみたいなチャージ式のICカードです。

f:id:hiloc:20170327224416j:plain


乗車前と後に、駅の機械にピッとするだけ。

バスもこれで乗れちゃいます。

購入最低金額は10ドル。これはデポジットです。
チャージしたければ10ドル以上の金額を選ぶと、余剰分が自動的にチャージされて交付されます。

あとはこれを使うだけで、乗車賃が30%もオフになるんです。

楽だし、お得ですね。

しかもカードを返却すれば、購入時のデポジットは戻ってきますよ。

買わない手はないですね。

ただ、少しわかりにくいのがゾーンとオフピークです。


ゾーンとは

ゴールドコーストのトラムの駅はゴールドコーストユニヴァーシティホスピタルからブロードビーチサウスまで16駅。

その中でメインビーチ駅とサイプレスアベニュー駅を境にゾーンが分かれています。

ゾーン 駅名
13 ゴールドコーストユニバーシティホスピタル
13 グリフィスユニバーシティ
13 クイーンズストリート
13 ネラングストリート
13 サウスポート
13 サウスポートサウス
13 ブロードウォーターパークランヅ
13 メインビーチ
14 サイプレスアベニュー
14 カビルアベニュー
14 サーファーズパラダイス
14 ノースクリフ
14 フロリダガーデン
14 サウスポートノース
14 サウスポートサウス


同じゾーン内での移動ならゾーン1つ分の乗車賃。

違うゾーンにも入ってしまうなら、ゾーン2つ分です。

例えばサイプレスアベニューからメインビーチに行く場合、ゾーン2つなので$3.9。

サイプレスアベニューからブロードビーチサウスに行くなら同じゾーンなので$3.2。

日本と違って、駅の数で決まるんじゃないんです。

また、何で駅のゾーンが13と14なのか。

このゾーン制度、トラムやバスも共通のシステムなんです。

運営会社のTrans linkによって、北はヌーサから南はクーランガッタまで200km以上のエリアをそれぞれゾーン分けしています。

なので、ゴールドコーストのトラムのエリアは13と14に振り分けられているんです。


オフピークとは

ゴーカードを使うだけでも割引になっていますが、乗車時間によってさらに割引があります。

それがオフピーク

ゴーカードの料金から、さらに20%割引がされます。

対象時間

平日 8:30〜15:30・19:00〜6:00
土日祝日      全日

かなりの時間がオフピークです。

が、やはり通勤通学時間は避けられてますね。


カードの種類は4種類

アダルトカード「青色」 基本的にみなさんこのカードになるでしょう

学生カード「緑色」 オーストラリアの大学やTAFEのコースに通っている人はこのカードが買えます。常に半額なので、とってもお得。
残念ながら、ほとんどの語学学校はこれには当てはまりませんので、要注意。

子供用カード「黄色」 5〜14歳までが対象。

シニアカード「赤色」 オーストラリア政府発行のシニアカードが必要です。

アダルトカードは駅でも買えますが、その他のカードはコンビニ等で問い合わせる必要があります。

旅行、留学、ワーホリ問わず、多くの方は青色カードになると思います。

着いたら駅でさっと買って、ゴールドコーストを楽しみましょう!


また、1日に何度も乗り換えをする予定の方。

上記の他に「go explore card」というのがあるので、こちらも参考にしてください。


dailylife-in-goldencoast.hatenablog.jp