読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩んでるなら、ワーホリ/留学しちゃえば?

ゴールドコーストの情報やワーホリ/留学について、経験を元に公開します!

<ワーホリ前必見>ゴールドコーストで仕事/家を探す3つのウェブサイト

ゴールドコーストに滞在する際、どうやって仕事や家を探しますか?』

色んなことが不安だった留学前、僕は誰だかに質問しました。


「履歴書を持ってお店へ突撃。」
「新聞の空き部屋情報を見て連絡。」


びっくりです。

『なんて古典的なんだろう』

しかも複数人から聞いた話です。


結局、半信半疑でゴールドコーストに来てみたら、実際はほぼインターネット。

そりゃそうですよね。

みんな以下の3つのウェブサイトを使っています。

① 日豪プレス:日本人向け生活情報サイトの最大手

② Gum tree(ガムツリー):オーストラリアの生活情報サイト:国籍問わず使用されている

③ Cheers (チアーズ):シドニーにいる日本人向けの生活情報サイト:ゴールドコーストの物件や求人情報も扱っている


今回はそれぞれの特徴をまとめます。
まだ、これらのウェブサイトを知らない人の役に立てば嬉しいです。


- 日豪プレス

もともとは1977年にシドニーで発行された日本語新聞が始まりの日豪プレス。
当時は400人程度しかいなかったオーストラリア在住の日本人が対象だった。

その後、観光客や留学生、ワーホリの増加に伴いウェブ版の生活情報サイトをスタートする。
シドニーメルボルンゴールドコーストはもちろん、アリススプリングスやローセンストンなどのマイナーな地域の生活情報まで網羅する日本語情報サイトの最大手。

仕事やシェアハウスの求人、ありとあらゆるニュースやイベント情報が掲載されている。

中古品の売買や、車の売買も日豪プレス経由で行われることが多い。

nichigopress.jp

僕もシェアハウス探しやバイト探し、中古サーフボードの売買は日豪プレスでやりました。

他にも、勉強仲間やヨガイベント、都市を移動するさいの仲間の募集も見かけます。
出張美容師や、車の整備なども探せますよ。

とにかく使い方、目的が多様。

投稿している相手も、ほとんどが日本人です。
英語でのやり取りが苦手な方は、ここを使うのがオススメ!

Gum tree

2007年からスタートした、オーストラリアの生活情報サイト。

当初は引越しをする人、オーストラリアついたばかりの人を対象に、物件、仕事、新しいコミュニティを紹介するローカルサイトだった。
オーストラリアに来る人口が増えるにつれ、ガムツリーも順調に成長。

今では物件探しや中古品売買、仕事の求人情報が多数掲載される。
さまざまなイベント参加者の募集やLanguage exchangeのパートナーの募集も見かける。

英語のウェブサイトなので、オージーはもちろん、ワーホリ中のサウスアメリカンやヨーロピアンなど、各国の外国人が相手になることがほとんど。

www.gumtree.com.au

英語でのやり取りなので、少しハードルが高いですが情報の多さは圧倒的です。

何か広告を載せると、すぐに連絡がきます。

中古品売買の相場は日豪プレスよりも安め。
ただ、こちらが売る場合、外国人の値切りの圧力は強いので、こちらも強気で臨みましょう。

また、やはり英語でのやり取りや文化の違いによって、トラブルが起きることがあります。
車の売買や、シェアハウス探しは注意深く行ってください。


Cheers

シドニーを中心に、オーストラリアに滞在する日本人に向けて発行される生活情報紙「Cheers」のウェブ版。
記事やニュースがシドニーのものばかりだが、ゴールドコーストメルボルンケアンズなど、中心都市の物件や求人情報も扱われている。

リンク先:Cheersウェブサイト
http://www.cheers.com.au


実際には、ほとんど使うことがないかと思います。
求人や物件、中古品情報などは、まずみんな日豪プレスに投稿するので。
ただ、まれに掘り出しもののような投稿があったりします。

目的に合うものが日豪プレス、ガムツリーで見つからない時に念のために使っています。


まとめ

物件、求人、仲間、何かを探す場合は日豪プレスかガムツリーを利用しましょう。

日本人寄りのコミュニティが希望の場合は日豪プレス。

外国人環境を求める場合はガムツリーを積極的に使ってください。

また、語学学校に通っている方はラウンジなどに張り紙があるのでチェックしてみてください。
バイトを探す際は、レジュメを直接ばら撒きに行くのが未だにかなり有効です。

そして、「何より友人の紹介」という口コミネットワークはどんな困難な状況でもチャンスを運んでくれます。
ぜひ日本人の友達を大事にしてくださいね。